ホーム > 呼吸器内科

呼吸器内科

特色

  • 呼吸器疾患は、感染症からアレルギー、腫瘍などバラエティに富んでいます。呼吸器系は外界と直接連絡しているため環境要因の影響を受けやすいという特徴があり、職業・環境起因性の疾患が多いというのも重要な点です。
  • 呼吸器感染症や急性の呼吸不全は救急入院となる場合が多く、季節などによる変動はありますが、概ね35~40名の方が入院されており、平均在院日数は約15日間です。
  • 呼吸器内科の第一の特色は毎朝7時45分から全医師ですべての入院患者さんを回診するということです。もちろんカンファレンスも行っていますが、毎朝の部長回診は患者さんに安心感を与え、患者さんの病状や訴えを医師全員で共有できるというメリットがあります。
  • 診療上特に配慮している点は、肺炎などの感染症に対する抗菌薬の適切な使用、患者さんのQOL(生活の質)を重視した肺がん治療(酒井第2部長は当院緩和ケアチームの責任者で、緩和医療にも力を入れています)、急性呼吸不全の患者さんに対する非侵襲的人工呼吸、慢性呼吸不全患者さんに対する在宅治療(酸素療法や非侵襲的人工呼吸)、アスベスト関連疾患などの職業性呼吸器疾患に対する適切な診断・治療、身体障害者・労災保険などの社会的サポートの活用です。当院は労災病院としてアスベスト疾患センターを開設しており、健康診断部とともに呼吸器内科も深く係っています。
  • またチーム医療の推進として、呼吸器外科との毎週のカンファレンス、放射線科(CTガイド肺生検、喀血に対する気管支動脈塞栓術、肺がん放射線治療などをお願いしています)、薬剤部(肺がん化学療法、抗菌薬治療など)との連携、MSW栄養士リハビリ科細菌検査室などとの連携も重視して、患者さんの診療にあたっています。
  • 呼吸器内科の外来患者数は1日約50名で、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎などの慢性呼吸器疾患、肺がん、睡眠時無呼吸症候群(CPAP治療)、じん肺・石綿肺などのフォローに加え、胸部X線写真での異常陰影の精密検査の依頼、アスベスト関連での検査や労災手続きの依頼、そして咳が続く・治療してもなかなかよくならないという患者さんも増加傾向にあります。長引く咳に対する治療も当科の得意とするところです。禁煙外来は、健康診断部において非常勤の相澤医師が行っています。
  • 忙しい日常診療の合間を縫って学会、論文発表もできるだけ行うよう心がけています。2011年は米国胸部学会(ATS)において「職業性粉じん曝露とANCA陽性間質性肺炎の関連性」について報告しました。また戸島は労働者健康安全機構のアスベスト関連疾患研究の分担研究者になっており、「大田区にかつてあった石綿工場周辺住民の健康影響」について継続的に研究を行っています。東日本大震災で倒壊した家屋のがれき処理等でアスベスト曝露の影響が懸念されていますが、職業性のみならず、環境曝露としてのアスベストの問題は今後重要性が増すものと考えられます。
  • 当院は日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会の教育認定施設であり、日本感染症学会の連携研修施設となっています。

診療実績

年度 2011 2012 2013 2014 2015
退院患者数 709 697 679 883 773
肺炎 244 210 205 244 226
肺がん 226 271 248 361 293
中皮腫 10 5 15 16 9
気管支喘息 35 30 36 45 37
COPD 55 64 65 68 80
間質性肺疾患 54 40 45 59 49
じん肺・石綿肺 7 5 6 7 4
気胸 17 5 19 16 20
睡眠時無呼吸症 39 22 20 26 44
胸膜炎 24 7 15 22 22
慢性呼吸不全 27 28
人工呼吸施行 17 27 23 20 16
死亡数(剖検数) 63(4) 73(2) 49(6) 82(2) 66(2)
気管支鏡件数 158 147 117

(2016年5月現在)在宅酸素療法施行患者83名、在宅人工呼吸施行患者11名、
CPAP130名(耳鼻科分を除く)

スタッフ紹介

スタッフ紹介
名前 戸島 洋一(とじま ひろかず)
職名 呼吸器内科部長 アスベスト疾患センター長(兼)
学歴等 昭和55年千葉大学卒 医学博士
指導医 日本呼吸器学会指導医、日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医、労災補償指導医
認定医 日本内科学会 日本医師会認定産業医 インフェクション・コントロール・ドクター(ICD)
評議員 日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会
日本職業災害学会、日本結核病学会
専門分野 呼吸不全 呼吸器感染症
職業性呼吸器疾患 院内感染症の制御
その他

ベストドクター2008-2009に選出されました

ベストドクター2008-2009

ベストドクターズ、Best Doctorsおよびstar-in-crossロゴは、米国およびその他の国におけるBest Doctors, Inc.の商標で、ライセンス許可のもと使用されています。

ベストドクター2014-2015に選出されました

※ベストドクターは、米国ハーバード大学医学部で1991年より開始し各国で実施している医師同士が相互評価する調査によって選出された医師です。
≪参考≫ http://www.bestdoctors.jp/about-best-doctors/survey

※クリックすると大きな画像が開きます。
閉じる時は画像上で再度クリックしてください。

千葉大学医学部非常勤講師
東京都地方じん肺審査医
中央環境審議会専門委員
大田区公害被害認定審査会委員

モットー 患者さんに、「この病院、この医師にかかってよかった」と思ってもらえる医療を提供する。
名前 酒井 俊彦(さかい としひこ)
職名 第二呼吸器内科部長
学歴等 平成3年信州大学卒 平成7年信州大学院卒 医学博士
認定医 日本内科学会 日本医師会認定産業医
インフェクション・コントロール・ドクター(ICD)
専門医 日本内科学会 日本呼吸器学会 日本感染症学会
指導医 日本内科学会 日本呼吸器学会 日本化学療法学会抗菌化学療法
日本プライマリ・ケア連合学会
専門分野 呼吸器疾患一般
モットー 一人一人丁寧に
名前 河野 正和(こうの まさかず)
職名 呼吸器内科副部長
学歴等 平成9年千葉大学卒 平成19年千葉大学院卒 医薬学博士
認定医 日本内科学会 日本医師会認定産業医 インフェクション・コントロール・ドクター(ICD)International society of travel medicine CTM がん治療認定医
専門医 日本内科学会 日本呼吸器学会 日本呼吸器内視鏡学会
名前 高村 智恵(こうむら ちえ)
職名 呼吸器内科医師
学歴等 平成20年産業医科大学卒
認定医 日本内科学会
専門医 日本呼吸器学会
名前 岡谷 匡(おかや ただす)
職名 呼吸器内科医師
学歴等 平成25年千葉大学卒
名前 小谷野 友里(おやの ゆり)
職名 呼吸器内科医師
学歴等 平成26年千葉大学卒